迅速な水漏れ修理にヘルプしよう|目にも止まらぬ匠の技術

割れたら業者へ連絡を

ガラス

けがしないことが大事

家に一つはあるガラスですが、割れものである以上、ふいに割れたりヒビがはいることがあります。住宅にはガラスが使われているところが無数にあります。窓ガラスには光を取り入れたり、熱を出し入れする・通気調整などの役割があり、暮らす上でかかせない存在になっています。そのため、窓が急に割れたりヒビが入ったりした場合、日常生活において困ることが多数でてきます。ガラス修理は個人が簡単にできるものは少なく、ガラス修理業者に依頼することが一番早い解決方法になります。ガラスが急に破損したら、パニックになってしまう人も少なくありません。ガラスの破片は破損した時、思いのほか広範囲に広がってちらばりますので、あわてずに対処しなければなりません。

応急処置をして待つ

ガラスが破損したら、まずは足を守りましょう。なるべく破片がない部分を注意して進み、スリッパや上靴のようなものを履きます。手のケガを防ぐため、軍手などを着用した方が無難です。ホウキなどがあれば破片をまとめ、細かいちりは掃除機で吸い取ったり、ガムテープで取りましょう。ガラス修理業者に依頼して、すぐ来てくれる場合は良いですが、翌日でないと来られないという場合には割れたガラスの応急処置をしましょう。ヒビ程度ならガムテープなどで補強、穴があいたように割れた場合は、割れた箇所を段ボールなどでおおい、その上からガムテープなどで留めます。台風などの強風の時は、板などで風をふさぎます。ガラス修理は住宅保険などで保険の対象になる場合もありますので、確認してみましょう。

Copyright © 2016 迅速な水漏れ修理にヘルプしよう|目にも止まらぬ匠の技術 All Rights Reserved.